カスタムオーダーレオタード&ダンスウェア

■サイズについて-2*

0円(内税)

サイズについてのページが長すぎる・・・ので
短くまとめたページを作りました


ご案内内容はいままでとまったく同じです
情報が多すぎても悩んでしまうようなので
初期から掲載していたページは現在閉じています

日本の既製品ブランドレオタードからの
参考対応サイズ表を作りました
いままでより選びやすいかな?

*受注生産のブランドは比較対象外です
*個人やダンサーさんのブランド・ハンドメイドブランドも比較対象外です
*かなり伸びる&露出部分の多いYUMIKOさんも比較対象になりません

着心地の好み、
体型はひとそれぞれなので
あくまでも参考としてご覧ください

ご相談いただいても、ページでご案内しているのと
同じ内容しかお答えできません

身長x体重では体型を判断することはできません
筋肉がないと体重は軽いです
筋肉がないために体重が軽いけど、
骨格は華奢ではない、という方もいらっしゃいます
「体重が軽い=小さいサイズが合う」ということはありません

決して大きめのレオタードではないので、
悩む場合は小さいほうではなく、
大きいほうから試していただくことをお勧めします



S:ボディが薄く細身な方、肩回りが華奢な方
SS:Sサイズと同じ身幅で身長が低めな方・胴が短い方

MS:日本製Mサイズより少し細身、小柄だけどボディに厚みがある方、
  標準身長の方、身長は標準より高めだけどかなり華奢な方

M:スリムで身長が高めな方(日本製Mサイズの着丈が長め、細身トールサイズのイメージ)

LM・・・New*
標準身長でも胴回りがしっかりとした体型の方
Lの身幅でMの着丈
詳しくは「サイズ指定:Lサイズ」のページに記載しています

L:高身長な方
『Lサイズについて』*選べる型指定が限られています


■S/M/Lサイズにはサイズタグがついています
 お手持ちのレオタードのサイズがわからない場合には
 ブランドタグをめくってみてください
 ブランドタグに重ねてサイズタグをつけてあります
*SS/MSにはサイズタグはついていません


基本の無地ボディ生地は、戻るチカラもしっかりとある生地です
柔らかくどこまでも伸びるタイプの生地のレオタードとはちがいますので、
タイトな着心地が苦手な方はひとつ大きいサイズがいいかもしれません

ふたつのサイズで悩んだ場合、
きついのが心配なら大きいほう、ゆるいのが心配なら小さいほうをお選びください

大きいほうのサイズを選ぶのを嫌がる方や、
より小さいサイズを着ようとする方も多いのですが、
サイズが大きくなる=だんだん太った人向けになる、というわけではありません
動きやすいこと・踊りやすいことが大事です
小さいものをムリして着るよりも、
身体に合ったサイズのものを着ていただくのがいちばんキレイです:)



レオタードの素材はよく伸びますし、
身体の動きのジャマをしないように作っています
ALICIAではデザイン(型指定)がちがっても、同じサイズで着ていただけるように作っています

もし腕を上げにくいと感じたなら、選んだサイズでは小さいか、
着用の仕方が良くないか、のどちらかです

<よりキレイに着ていただくための着用方法、お洗濯について>
「Attention*お取り扱い・着用方法について」




■SかMSか悩まれる方へ

SサイズとMSサイズで悩まれる方が多いようです

Sサイズは肩幅・ボディの幅が狭く、厚みがない薄い体型向けです

心配しすぎて大きいサイズを選択する必要はないですが、
おとなの方だと、初回Sサイズを選んで、
2回目以降MSサイズに変更される方も多いです

MSサイズも決して大きなレオタードではないです
悩むようならMSサイズから着ていただくことをお勧めします


<おとな・ミセスの方へ>

おとなはピチピチで着るよりも、
すんなり着れるレオタードのほうが絶対にキレイです

背が低いという理由だけでS/SSサイズを選ぶと
窮屈そうに見えてしまう可能性があります

筋肉がないと体重は軽いです
「体重が軽い=小さいサイズが合う」ということはありません
標準身長以上で
肩幅が小さくないひとは
Sサイズだと窮屈なことが多いです

フリーサイズでは大きすぎるひと、
MサイズとSサイズがあれば絶対Sサイズを選ぶひとが、
ALICIAではS/SSサイズだと思ってもらうと判断しやすいかと思います



<ジュニア・若い世代でしっかりレッスンをされている方へ>

しっかりレッスンをしているジュニアちゃんや若い世代だと、
163僂らいまではSサイズでじゅうぶん着ていただけます

キャミソールなど袖のないものは心配ないはずです

肩回りのサイズ感は着心地・踊りやすさに大きく影響します
袖が付くものは、ボディが細くておしりが小さくても、
肩幅が普通なら通常どおりのサイズ選びをしたほうが安心です

小・中学生で
ウエストのくびれがないこどもらしい体型の子だと、
SS/Sサイズは窮屈だという子も多いです
150僂らいでもMSサイズを選んで、
ぶかぶかではなくキレイに着ていただいています
お届けを待っている間に成長することも考慮してサイズ選びをお願いします



■型指定えらびについて

<はじめてのご注文には避けたほうがいい型指定>
サイズが合っていなかった場合に
窮屈だったり小さくて着ていただけない可能性が大きいデザインです

*フレンチスリーブ・フレンチビスチェ(名称に『フレンチ』と入っているものすべて)
*長い袖
*透け防止総裏のオプション
*ビスチェのバックスタイル:ハイバック・・・初回受付できません
*ショートラグランなど背中の開きが狭いデザイン

そのほかに、
*ビスチェD*ラウンドVバック
*バックスタイル:オープンバック
のような、背中の開きが広いデザインは
ほかよりもフィット感がゆるめになります
体型によってはゆるめ・大きめに感じる場合がありますが、
これを着ただけでサイズ感を判断すると、
ほかの型指定を小さく窮屈に感じる可能性があります
はじめてのご注文には避けてもらったほうがいいかもしれません



<同時に2枚ご注文いただくことはお勧めしない型指定>
2回目以降のご注文でもまず1枚確認してもらうことをお勧めします
*ハイネック/ローネックなど首のうしろで留めるデザイン
*ビスチェのバックスタイル:ハイバック
*レースon/レースビスチェなど、デコルテと袖にレースを使用したデザイン
*長い袖
*フレンチビスチェC
*ショートラグランなど背中の開きが狭いデザイン
*透け防止総裏のオプション



<はじめてのご注文にもお勧めの型指定>

*キャミソール ☆☆☆☆☆
*キャップスリーブ ☆☆☆☆☆
*Basicボートネック ☆☆☆
*ボートネック2 ☆☆☆
*SheerTopボートネック ☆☆☆
*ビスチェBCDのノースリーブ・5分袖 ☆☆☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやってデザインを決めればいいのかよくわからない、という方へ・・・
先に読んでもらうと選びやすくなると思います
『カスタムデザインを選ぶ前に:)』

短く文章だけでご案内しているページも作りました
『カスタム指定のしかた***簡易説明版』

カスタム方法についてのQ&Aページを用意しています
『カスタム指定のしかたQ&A』

そのほかのご注文に関するQ&Aページ
『お問い合わせいただく前に:)』
購入数