カスタムオーダーのできるダンスウェアショップ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
▲▲▲Tサイズについて▲▲▲
TサイズはMサイズの次に大きいサイズではありませんのでご注意ください。
Mサイズの着丈が長いタイプで、細長い体型の方向けです。
はじめてご注文いただく場合にはうしろの開きが広めのタイプがお勧めです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このページのいちばんさいごに
「▲40代〜の趣味でバレエをされている方へ▲」を追記しました

Leotard Size

ALICIA dancewearのレオタードは
しっかりとフィットすることにこだわってパターンを製作しています。
はじめてご着用の際はいつものレオタードよりも着圧を感じるかもしれませんが、
フィットすることによる安心感、動きやすさを実感していただけると思います。

ネックラインの浮きには特に気を付けてパターンをひいています。
前かがみになったとき、ストレッチをするときなど、フロントの開きが浮いて
胸が見えすぎてしまわないように作っていますので、
いつも気になっている、という方にはぜひお試しいただきたいです。


サイズ選びの目安となる身長・サイズ表です。
身長・バスト、それぞれ数字の範囲の真ん中どうしの組み合わせが標準です。
どちらも範囲の最大サイズどうしの組み合わせはキケンです。
ひとつ大きいサイズをお選びください。

Sサイズは小柄の方、細身の方向けです。

脚が長くて胴の短い方・10〜20代の脚長世代の方・とても細い方には
身長163cmくらいまでSサイズ、
身長168cmくらいまでMサイズをお勧めしています。

TサイズはMサイズの身幅のまま、着丈を長くしたパターンです。
背が高いのでMサイズだと着丈が足りないけれど、
Lサイズだと身幅が大きかったり肩紐が落ちちゃったり
ちょうどいいレオタードがなかなかない、という細くて背の高い方に向けたサイズです。

サイズの並びは、S→M→L です。
Tサイズはスリムで背の高い方に向けたものとしてお考えください。
Mサイズだと身幅が心配な場合は、Lサイズをお選びください。

Lサイズは
スリムな方なら175cmの方にもキレイに着ていただけています。
バレエ団所属の方はとても細いので、Lサイズだと大きすぎる方が多いです。
MサイズもしくはTサイズをお勧めします。
*Lサイズのご注文に関しては、『Lサイズ』着用のお客様へ をご覧ください。

「きついのが心配で表記より大きめでご注文された」というお客様の多くが、
2度目のご注文でサイズダウンをされています。
着心地には好みや個人差が大きいのでハッキリとお答えするのは難しいのですが、
ボディの生地はよく伸びますので
大きめよりもぴったりフィットをお勧めしています。

よりキレイに着ていただくために、
「Attention*お取り扱い・着用方法について」のページをぜひ一度お読みください。

ご不明な点があればお気軽にご相談ください☆

▲40代〜の趣味でバレエをされている方へ▲
いろんな方からご注文をいただけるようになってきたので失礼かとも思いながら追記します。
ALICIAのレオタードは、おとなからバレエをはじめた方向けのメーカーさんに比べると細身です。10代後半〜30代のずっとバレエをされている方の標準体型をイメージしてパターンを製作しています。とても細い人しか着れない、と思われてしまうと困るので難しいところなのですが、ご注文いただいたのに小さくて着れない、ということになると申訳ないので失礼かもしれないですが書かせていただきますね。40代〜の趣味でバレエをされている方は型選びにご注意いただきたいです。細くてスリムな方は問題ないのですが、どうしても背中・肩回り・二の腕にお肉がついてきますよね。キャミソール・ノースリーブ・キャップスリーブが大丈夫でも、身体に厚みのある方にはビスチェ型・長袖・総柄レオタードは小さくて着ていただけない可能性があります。「若い人向け」と言いたいわけではないんです、たくさんの方にレオタード選びを楽しんでいただいてレッスンがさらに楽しくなるとうれしいです。私には歳の離れたバレエのおともだちがたくさんいますし、バリバリでもゆったりでも自分のペースでバレエを楽しめるのがいちばんと思っています。試着ができないので、せっかくご注文いただいたのに「小さくて着れない」ということになるのが申し訳なくて心配です。受注生産商品のため返品交換はお受けできません、大きくお直しするということも不可能です。ビスチェ型・長袖・総柄レオタードをお選びいただく際にはもう一度ご確認をお願いいたします。