カスタムオーダーレオタード&ダンスウェア

::::::::::::::::::::::::::::::::
「40代〜趣味でバレエをされている方へ」
このページのさいごにご注文に関する大切なメッセージがございます
さいごまでお読みいただけますようお願いいたします
::::::::::::::::::::::::::::::::

Leotard Size

レオタードはメーカーによって身長・体型の設定がちがいます。
いつもSサイズだから、いつもMサイズだから、と決めつけずに
サイズ表をご覧になってみてください。
そのうえでいつものサイズも参考に読んでいただけると
身体にあったサイズを選んでいただきやすいかと思います。

ALICIA dancewearのレオタードは
心地よくフィットすることにこだわってパターンを製作しています。
フィットすることによる安心感、動きやすさを実感していただけると思います。

いつも着てるレオタード、前かがみになったとき・ストレッチをするときなど
パカッと開いて胸が丸見えになっていませんか?
ネックラインの浮きには特に気を付けてパターンをひいています。
フロントの開きが浮いて胸が見えすぎてしまわないように作っていますので、
いつも気になっている、という方にはぜひお試しいただきたいです。



*サイズ設定を追加・変更しました。
Sサイズ・Mサイズは、いままでのSサイズ・Mサイズと同じです。
いままでと同じ着心地がよければ、そのまま同じサイズをお選びいただいても問題ありません。
*168cm以上のお客様へ*
Tサイズは下記の型指定なら引き続きお受けできます。
・キャミソール
・キャップスリーブ
(ボートネックとフレンチスリーブは同型をリピートの場合のみお受けできます)



■単色レオタード・プリント柄x無地ボディレオタード

SS・Sサイズは小柄な方、細身の方向けです。
1サイズ展開のレオタードが着れる方、Sサイズの展開がないブランドのMサイズを着れる方は
MSサイズ・Mサイズから試していただくのがお勧めです。

袖付きデザインのものは
既製服の肩回りのサイズに合わせて選んでいただくことをお勧めします。
キャミソールがSサイズで着れる方でも、既製服のSサイズのジャケットだと肩回りがきつい
という方には袖付きのSサイズだと窮屈です。
スリムな方でも骨格は身長相応の方がほとんどです。
(*最近の既製服はゆったりめが多いです。ここでいうジャケットとはスーツのようなかっちりとしたセットインスリーブのジャケットを指します。スーツを着ないのでわかりません、と言われることがあるのですが、ご自身の肩幅が標準なのか小さいかはだいたいわかりますよね??)

細身の方でもお袖があるデザインものは
160cmを超えたらM・MSサイズがお勧めです。
肩回りが窮屈だと身長とのバランスがよくありません。
特別肩幅が小さい方はそのままSサイズをどうぞ。

サイズの並びは、S→M→L です。(これに着丈の差でSS/MSを追加しました)
だんだん太った人向けになる、と勘違いされている方が多いのですがそうではありません。
同じスタイル・同じ体型で、身長の差で設定されているものです。
その勘違いのせいか、
より小さいサイズを着ようとする方も多いのですが、
身体に合ったサイズのものを着ていただくのがいちばんキレイです。
*身幅を優先で選んでいただくことをお勧めしています。

フィットするレオタード、と表現していますが
競泳水着のようにぴちぴちで着るレオタード、という意味ではありません。
立体パターンで体にフィットするように作っています。
良く伸びる素材なので小さいサイズでも着ていただくことはできるかと思いますが、
せっかくキレイに見えるようにひいたラインが
すべて伸び切ってしまいます・・・
胸回りがゆるくなくて、締め付けずにフィットするのが理想のサイズ選びです。
小さいサイズを着ても体は細くはなりませんし、窮屈そうだとかえって太って見えてしまいます。

SS:Sサイズの身幅でさらに身長低めな方・胴が短い方向け
S:小柄・細身な方向け
MS:標準身長のMサイズの方・背は高いけど胴が短い方向け
M:Mサイズの身幅で高身長な方向け

生地の性質上、身幅が心配な分を着丈で補えるということはありません。
着丈が余っているのに身幅がパツパツな状態で着ると、余った着丈が
背中やおなかのあたりでたくさんの横しわになってしまいます。
*身幅を優先で選んでいただくことをお勧めしています。
MSサイズだと身幅が心配な場合は、Lサイズをお選びください。

既製の日本ブランドのレオタードのSサイズに近いのはSSサイズ、
MサイズにちかいのはMSサイズです。
着丈を窮屈に感じていない場合はこちらの選び方をしてください。
(*個人のブランドさんやハンドメイド商品は比較対象ではありません)

ジュニアレオタードは別パターンで準備中です。
身体に凹凸のない、まだこども体型な中学生にはSSサイズでも大きいかと思います。
シルエットも大人用として作っていますので、
肩回りを覆うデザインは避けて、キャミソールをお試しいただくのをお勧めします。
変にレオタードだけ大人っぽくなってしまうデザインもあります。

Lサイズは
スリムな方なら175cmの方にもキレイに着ていただけています。
バレリーナさんはとても細いので、Lサイズだと大きすぎることが多いです。
Mサイズをお勧めしています。
*Lサイズのご注文に関しては、『Lサイズ』着用のお客様へ をご覧ください。

「きついのが心配で表記より大きめでご注文された」というお客様の多くが、
2度目のご注文でサイズダウンをされています。
着心地には好みや個人差が大きいのでハッキリとお答えするのは難しいのですが、
大きめを選んでいただく必要はないと思います。

*Tサイズいったん終了します。パターン修正を検討中です。


■総柄レオタード

SS〜Mのサイズまでの展開です。
Lサイズを着られている方が「総柄」のMサイズを着ていただくのは難しいかと思います。

総柄はスリムな方向けにご用意しているとご理解いただけるとうれしいです。
レオタードをかなり横に伸ばして着ると柄が伸びてしまい素敵ではありません。
おなかがぽっこりしていると、とても強調されます。
なので、がんばっておなかを締める、というのもありだと思いますが、
大きい柄は柄の横伸びが目立ちますので柄選びをもういちどご検討ください。

よりキレイに着ていただくために、
「Attention*お取り扱い・着用方法について」のページをぜひ一度お読みください。

ご不明な点があればお気軽にご相談ください☆

▲40代〜の趣味でバレエをされている方へ▲
いろんな方からご注文をいただけるようになってきたので失礼かもと思いながら追記します。
ALICIAのレオタードは、おとなからバレエをはじめた方向けのメーカーさんに比べると
細身です。10代後半〜30代のずっとバレエをされている方の標準体型をイメージして
パターンを製作しています。とても細い人しか着れない、と思われてしまうと困るので
難しいところなのですが、せっかくご注文いただいたのに小さくて着れない、
ということになると申訳ないので失礼かもしれないですが書かせていただきますね。
ボディの生地はよく伸びますが、戻るチカラもしっかりとある生地です。
柔らかくどこまでも伸びるタイプの生地のレオタードとはちがいますので、
お衣装を借りたときに後ろに継ぎ布が必要な方には小さいかもしれません。
サイズ表にウエストサイズの表記がありませんが、
バストサイズ-15cmくらいをイメージしたウエストにくびれのあるパターンで製作しています。
このサイズからあまりに離れてしまうようですとキレイに着ていただくことができません。
40代〜の趣味でバレエをされている方は型選びにもご注意いただきたいです。
細くてスリムな方は問題ないのですが、どうしても背中・肩回り・二の腕に
お肉がついてきますよね。キャミソール・ノースリーブ・キャップスリーブが大丈夫でも、
身体に厚みのある方にはビスチェ型の袖付き・長袖・総柄レオタードは小さくて着ていただけない
可能性があります。「若い人向け」と言いたいわけではないんです、たくさんの方に
レオタード選びを楽しんでいただいてレッスンがさらに楽しくなるとうれしいです。
私には歳の離れたバレエのおともだちがたくさんいますし、バリバリでもゆったりでも
自分のペースでバレエを楽しめるのがいちばんと思っています。
試着ができないので、せっかくご注文いただいたのに「小さくて着れない」
ということになるのが申し訳なくて心配です。
受注生産商品のため返品交換はお受けできません、大きくお直しするということも不可能です。
ビスチェ型の袖付き・総柄レオタードをお選びいただく際にはもう一度ご確認をお願いいたします。